動画制作のお手伝いをした

知り合いが結婚式のサプライズムービーやプロフィールムービーなど動画制作の会社をしている。
たまに、仕事が休みの日にお手伝いにいくのだが、次の日曜日にお手伝いすることになった。
プロフィールムービーの撮影らしく、なんだか、楽しみで仕方がなかった。
幸せなことだし、みていて、こっちまで幸せな気持ちになる。
この動画制作のお手伝いをしてくれないかと頼まれたときに、最初は、絶対になんの手伝いにもならないと思っていた。
でも、撮影に参加して、次に手伝いをするときは、あれをしよう、これをしようと思ったのだ。
そして、日曜日。
お手伝いに行き、自然と笑顔になった。
こういう仕事って大変だけど、ものすごくやりがいがあるなと思うようになった。
撮影も無事に終わり、無理を言って編集もみせてもらうことにした。
やり方なんて全くわからないので、本当にただみているだけ。
知り合いのこだわりとセンスが出されていて、すごくいいなと思った。
知り合いは、何パターンか作って、それを本人たちに選んでもらうらしい。
動画制作って本当に大変だけど、相手を笑顔にできることだと思った。